レーザーを使った美容整形|疲れているような印象の目の下のクマは美容整形でなかったことに

疲れているような印象の目の下のクマは美容整形でなかったことに

レーザーを使った美容整形

ドクター

レーザーは、強い光のことで指向性や収束性があり一直線に光エネルギーを放射したものです。この特性を利用してさまざまな用途に使われていますが、その中でも出力を高めたものが医療用レーザーです。医療用レーザーは、強力なレーザーを人体に当てることでさまざまな作用を得るものです。もっとも強い出力のもので使われるのがレーザーメスや歯科用レーザーで組織を切除したり焼いて死滅させるといったレーザー治療に使われます。一方で低出力のものは極端な組織の破壊をもたらさないので、美容の分野でレーザー脱毛やシワやたるみを伸ばすといったレーザー医療などに広く使われています。特に低出力のものは皮膚を切開せずに内部にまで影響を与えることができるので、身体への負担が軽減されます。

レーザー治療は工夫しだいでさまざまな応用ができるものですが、美容整形でのレーザー治療では、主に皮膚に対しての治療に多く使われています。美容整形におけるレーザー治療の代表的なものは、レーザー脱毛で、レーザーを当てることで皮膚の内部にある毛根細胞に対してダメージを与えて脱毛を起こさせます。特に毛根細胞に与えるダメージは大きく永久脱毛を目指すことが可能です。一方で皮膚内部にある組織にダメージを与えることができるため、シミやソバカスといった色素沈着を起こした細胞を破壊するといったことにも使われます。またこの作用を利用してタトゥー除去などにも使われています。また皮膚にダメージを与えることでピーリング効果を得ることができシワを伸ばすといったことにも使われています。